「水を飲む」ことがどれだけ大切か知っていますか?

あなたは水を飲んでいますか?コーヒーやジュースなど味のついた飲み物を飲んでいても水は全然飲まない・・・なんて人もいますよね?

水は人間が生きていくうえで欠かせないものです。でも改めて「なんで水を飲むんだ?」ってことを理解している人はまだ多くありません。

そこで水を飲むことがどれだけ大切かここで紹介します。まず水の定義ですが基本的に「ミネラルウォーター」や「ピュアウォーター」などの真水を指します。ですからコーヒーなどを何倍飲んでても水を飲んでいなかった意味がないのでその辺は誤解のないように。

水を飲むことによって次のような効果があると言われています。

1.代謝が上がる
2.お通じがよくなる
3.体温が上がる
4.血液がサラサラになる
5.デトックス効果が期待できる
6.リンパの流れがよくなる

などなど。

目安としては、1日2リットルの水を飲むのが良いと言われていますが、それ以上の飲み過ぎてもかえって体調を崩す危険性があるので、適度な量の水を飲むようにしましょう。

水道水については地域によって差があり、きれいなところは全然問題ないのですが、それを調べるのが面倒な人は素直にミネラルウォーターを買って飲んだほうが確実です。(この時、なるべく「軟水」の水を選ぶといいでしょう。)

2リットルって多いように感じるかもしれませんが、1日当たりの飲む量であり、これを一気しろ!というわけではありませんので、ジュースやコーヒーの代わりに水を飲むように心がけてみてください。

自宅で美味しい水を飲みたい人はこちらをクリック

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です